余裕資金の重要性

FXで取引をする際に最も重要なのは余裕資金です。
預託する資金に余裕を持って取引をすることがすごく重要です。
デイトレならば、そんなに預託する資金も必要ないかもしれません。

しかし、スワップ金利を狙った中長期的な取引をする場合には、
資金に余裕がない状態だとかなり厳しいと思われます。

為替は生き物です。日々値動きをするので、長期間ポジションを持ち続けていると
必ず上がったり下がったりという動きをするわけです。

その場合、余剰金が少ないと値下がりしたときに、
それ以上のポジションをもてなくなってしまします。。

最大のリスクとして、マージンカットというものがあるので注意しなければなりません。
ある一定の金額まで下がってしまうとすべてのポジションを失なってしまうので、
それを考えると余裕資金の重要性が改めてわかります。

また余裕のない状態でスワップ金利狙いの取引をしたとすると、気持的にも余裕が持てなくなりますので、冷静で有効な取引ができなくなってしまうことが多いと思います。

HOME > 余裕資金の重要性